ロゴ

トレーダーは無数にいるのになぜこんな単純な手法がおもいつかないのか【余計な情報がバイアスを強め稼げない原因になります】

ライフスタイル 投資

一般的な手法で勝ち続けているトレーダーというのは、

知識量、手法への理解、忍耐力、メンタル

だけでなく、

なおかつ、歴戦の中で獲得してきた勝者ならではの研ぎ澄まされた感覚、嗅覚のような物などを持ち合わせているらしい。

彼らは、とてつもない努力と才能、クレイジーさを持ち合わせているようだ。

対して、

非常識な投資家Mが開発した【金融市場で生き残るための唯一の手法】

だが、

この手法は一旦理解してしまえば、

非常にあっさりしていて、拍子抜けしてしまう程である。

この手法がトレーダーに求めることは非常に少ない。

個人差はあると思うが、少なくとも僕はそう感じた。

この手法を初めてもうすぐ一年、最近ではこの手法を対面指導で伝授したりもしているが、

対面指導はこちら

自分としてはトレードで利益が出ていること自体はありがたいのだが、

本当にこんな簡単でシンプルな手法で稼げていいのか?

と感じる時がごくたまにある。

周りのトレーダーたちが結果に一喜一憂し、やれ雇用統計がなんだ、大統領の発言がなんだ、などと言っている時に、

自分は全く気にせず好きなことをしているので、本当に恵まれているなと感じるし、ちょっと申し訳ないなとも感じてしまう。

だからこそ、

FXで何をやっても勝てず迷宮している人間、新しい収入の柱を増やしたいなと思っている人間には、

この手法をやるしかもう手は残されていないのではないか、と思うわけだ

しかし、話は戻るが、この手法はかなりあっさりシンプルなわけだ。

なぜこれが思いつかないのか?

トレーダーは無数にいるのに。

その理由を考えていきたい。

そもそもシンプルなものを生み出す事が一番難しい

これは大いにあるとおもう。

人間は無駄に頭がいい分、複雑に物事を考えてしまう癖がある。

情報が多ければ多いほど、人間は何が重要で何が重要でないかの判断が求められる。

無駄なものを削ぎ落とし、洗練させていく。

この過程が実は一番難しかったりするのではないか。

つまり、手法自体は理解してしまうとあっさりシンプルなのだが、そこにたどり着く、開発するまでの工程はかなり骨が折れるのである。

FXに限らずこの溢れかえった情報化社会の中で、

本当に必要な、重要な情報を見極めることは非常に難しい。

なおかつそれを自分で取捨選択して集め、構築していくという作業は非常に高度な技術であると思われる。

FXへの様々な思い込みが邪魔をする

これはシンプルであることが難しい、と関係する話だが、

  • ハイレバレッジは危険
  • 海外FX業者は危険
  • 両建ては意味ない
  • スイングトレードはもうからない
  • 損切りがうまいトレーダーがFXがうまい
  • 予測分析を正しくした人間がFXで勝つ

このようなFXでは当たり前とされる常識がやはりまだまだ全然根強い。

マナーという意味での常識というよりは、こうでなければ絶対にFXでは勝てない、というような思い込み、バイアスが非常に強いようだ。

先人たちが積み上げてきたFXの手法、経済アナリストの権威ある発言、FX業者の謳い文句これらが壁となり、

勝ち続けたいと思うトレーダーたちの壁となり立ち塞がっている。

これが無数にトレーダーがいてもほとんどの人間は気付いていない理由だと思われる。

誰もこのようなことを疑うということすら考えないようだ。

まさに非常識な投資家Mである理由だろう。

自分はFXというものはこの手法から始めた人間ではあるが。

もし一般的な手法をやっていたとしたら、

自分でこの手法、またはこの手法に近いものにたどり着け、生み出す事ができていたのかが非常に気になる。

確認できないのが少し悔しいところではある。


なんにせよこの手法にであえてよかった。

FXがまさか自分にとっての収入の柱になるとは思っていなかったからである。

ちなみにあっさりシンプルだとは言ったが、

目先の利益に惑わされず、淡々とルールを守り続ける

このようなコツコツ型の投資家的マインドは必要最低限求められる。

皆さんもなぜ、このシンプルな手法が思いつかないのか?

シンプルであることの難しさ、ある意味複雑さ

を考えてみてもらえればなと思う。

では、

僕の使っている海外FXレバレッジ1000倍口座↓

口座開設はこちら