Exnessの評判を徹底分析!知らなきゃこわい安全性・危険性を解説

「Exness(エクスネス)」は、2020年に日本語の公式サイトを開いてから注目を浴びている、海外FX業者です。

一度日本から撤退したものの、より日本人に扱いやすい形になって帰ってきたため、高く評価をする人が多いです。

▼Exnessの特徴

  • ゼロカット制度あり
  • レバレッジが無制限にできる
  • 日本語サポートが高品質
  • これから規模の拡大が期待できる
  • MT4とMT5どちらも対応
  • 不正な出金拒否の報告なし
  • キャンペーンが少なめ
  • 取引ルールが理解できるFX経験者向け

Exnessの最大の特徴は、レバレッジが無制限(最大21億倍)で取引ができることです。

ただし、そのぶんコントールをする必要があり、完全初心者には難しいかもしれません。

すでに海外FXに手を伸ばしており、市場の動きを見慣れている人におすすめです。

とはいえ日本語でのサポートも充実しているため、比較的扱いやすい海外FXと言えるでしょう。

この記事では、Exnessの評判や、どのようなFX業者なのかを徹底解説します。

これからExnessの利用を考えている人は、ぜひ判断材料としてご利用ください。

▼TariTaliを利用して、超お得にトレードする方法はこちら

もくじ

Exnessの評判は良い?悪い?安全性を確認

いくら使いやすいFX業者とはいえ、安全性が確認できなければ利用したくはありません。

海外FX業者の中には、理不尽な出金拒否や突然の倒産をするようなところもあります。

  • どの国の金融ライセンスを取得しているのか
  • 会社の所在地はどこか
  • 資金の管理体制はなっているのか

最低限でもこのようなポイントは把握し、透明性が高いことを確認してから利用しましょう。

Exnessの場合には、上記全てが明確に開示されています。

Exnessの基本情報

運営会社名Nymstar Limited
設立年2008年
金融ライセンスFSA:セーシェル金融サービス庁 (登録番号:SD025)
登録住所セーシェル共和国 F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
従業員数500名以上
月間取引高6,736億USD
最大レバレッジ無制限
最低入金額3ドル
通過ペア107ペア
CFD銘柄100種類
ロット単位1lot=10万通貨

セーシェルの金融ライセンスの取得は難しいものではないため、単独ではあまり安全性が高いとは言えません。

また、運営会社とされているNymstar Limitedはペーパーカンパーニーであり、登録住所にはオフィスはありません。

実際にオフィスがあるのは、マレーシアのキプロスという場所。

キプロスにはExnessがグループ会社があり、CySECという金融ライセンスも取得しています。

Exnessは他にもイギリスにグループ会社を持っています。

イギリスの金融ライセンスはFCAと呼ばれ、信頼性や健全性の高い企業しか取得できません

グループ会社などと総合的に判断すると、安全性は比較的高いと言えるでしょう。

Exnessの透明性は高い

結論としては、Exnessの透明性は高く、安全性が高いと言えます。

少なくとも不正な

  • 出金拒否
  • 利益取り消し
  • 取引操作

などの報告はされておらず、ユーザーも安心して利用していることが伺えます。

また、取引方式として採用しているのは「NDD方式(ノン・ディーリング・デスク)」です。

NDD方式とはつまり、ディーラーを通さない取引方法のこと。

トレーダーの注文をディーラーを通さずにサーバー内で処理するため、業者によるストップ刈りや不利なレートでの約定が起きにくくなります。

Exnessの特徴!メリットを解説

それでは、Exnessの特徴をメリットとデメリットに分けて解説していきます。

まずはメリットからご紹介します。

  1. レバレッジ無制限でトレード可能
  2. ゼロカットシステム導入
  3. スプレッドが狭い
  4. ソーシャルトレードができる
  5. ロスカットレベル0%

それぞれ解説します。

Exnessのメリット①:レバレッジ無制限でトレード可能

Exnessの特徴といえば、なんと言ってもレバレッジが無制限で設定できること。

厳密にいうと、最大で21億倍のレバレッジでトレードが可能です。

通常ハイレバレッジを売りにしている海外FXであっても、最大3,000~5,000倍と設定されています。

一方でExnessは最大21億倍と、比にならないほどのハイレバレッジを実現させています。

✔️Exnessは一攫千金狙いの人や少額から始めたい人におすすめ

ハイレバレッジをかけられるため、一攫千金を狙いたい人がチャレンジするのにちょうど良いでしょう。

ただし、最大有効証拠金は999ドルまでと決まっているため、一気に巨額をかけることはできません。

少額で大きく出たいという小口狙いの投資家がぴったりだと言えるでしょう。

Exnessのメリット②:ゼロカットシステム導入

日本のFX業者には導入できない、「ゼロカットシステム」を導入しています。

ゼロカットシステムがあることで、口座残高がマイナスになってもFX業者がマイナス分を負担してくれるので、追加証拠金を入れる必要がありません。

つまり、入金したぶん以上のマイナスを出すことがなく、借金を負うという心配がないということです。

国内のFX業者は金融庁の定めにより、トレーダーを助けることにつながる設定をしてはいけないため、ゼロカットシステムを導入できません。

つまり、目を離していたすきに巨額の借金を背負ってしまう可能性があります。

ゼロカットシステムを導入しているExnessは、上級者はもちろん初心者にも安心して利用しやすいです。

Exnessのメリット③:スプレッドが狭い

ハイレバレッジを売りにしている他の海外FX業者と比べると、スプレッドが狭く利益を出しやすいと言えるでしょう。

例えば、ハイレバレッジが売りであるGemforexなどと比べると、スプレッドが狭いです。

スプレッドの狭さにこだわる人なら、レバレッジが低めの海外FX業者を選ぶという手もあります。

レバレッジとスプレッドどちらにこだわるのかで、選ぶべきFX業者は違うでしょう。

とはいえ、Exnessはレバレッジが低めのFX業者と比べてもスプレッドが狭めなので、トップクラス水準と言っても過言ではありません。

Exnessには4種類の口座が用意されています。

スキャルピングをしたいなら、スプレッドを可能な限りおさえられる「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」が良いでしょう。

すでにスプレッドが狭めなスタンダード口座よりさらにスプレッドが狭くなります。

Exnessのメリット④:ソーシャルトレードができる

初心者トレーダーに嬉しいのが「ソーシャルトレード」です。

ソーシャルトレードで用意されているコピートレードプラットフォームでは、他のトレーダーのストラテジーをコピーして利用することができます。

つまり、プロのトレードをそのままコピーするだけで、高度なトレードができるということ。

ストラテジープロバイダーの参加人数はおよそ2万人と多く、運用成績の良いプロバイダーを厳選することができます。

FX初心者でも、ストラテジープロバイダーの動きをそもまま導入できるので、FXの学習方法としても適しているでしょう。

自分でトレードをしなくても、放置しておけばプロのトレードをコピーできるのはExnessトレーダーにとっての強みです。

Exnessのメリット⑤:ロスカットレベル0%

Exnessの自動ロスカット率は0%に設定されています。

ロスカットが0%に設定されているということは、証拠金維持率が0%を切るまで資金を運用できるチャンスがあるということです。

強制ロスカットをギリギリまで引っ張れるため、トレーダーにとって有利であると言えます。

ハイレバレッジとうまくかけあわせて、資金をうまく活用しましょう。

▼TariTaliを利用して、超お得にトレードする方法はこちら

Exnessの特徴!デメリットを解説

それではExnessのデメリットについても解説していきます。

  1. サーバーが不安定
  2. 銀行口座から入出金ができない
  3. カード入金がエラーになる
  4. ボーナスがない
  5. レバレッジ制限がある

それぞれ解説していきます。

Exnessのデメリット①:サーバーが不安定

サーバーが不安定になりやすいという意見が多く見られます。

  • アプリが開けない
  • スマホから繋がりにくい
  • 利確に10秒以上かかる
  • サーバーが落ちる

など、他のFX業者と比べてサーバーが弱い印象です。

理由は明らかになっていませんが、日本人の投資家が一気に増えたため追いついていないなどの可能性が考えられます。

ロスカットレベル0%やハイレバレッジの許容、ゼロカットシステムの導入などトレーダーにとって有利なトレードになりやすいため、リスクヘッジとして対策されている可能性も考えられます。

多くの投資家が声を上げているため、Exnessが対応しないとは考えにくいですが、もし意図的なものなのだとしたらリスクになります。

Exnessのデメリット②:ボーナスがない

Exnessではボーナスキャンペーンなどをほとんど開催しません

以前は口座解説ボーナスなどを用意していましたが、最近ではボーナスを提供しない経営方針のようです。

ボーナスなどで客寄せをしなくてもじゅうぶんにユーザーが増えている、という余裕をうかかがえます。

ボーナスやキャンペーンをうまく利用してトレードしたいという方は、Gemforexの方が向いているかもしれません。

Exnessのデメリット③:レバレッジ制限がある

Exnessの魅力の1つであるレバレッジが無制限というのも、条件をクリアしているときに適応となります。

無条件というわけではないので気をつけましょう。

レバレッジ無制限化の条件

  • 10回以上の取引をする
  • MT4の口座を開設する
  • 5lot以上の往復取引をする

口座開設時には、最大2000倍までレバレッジを選択できます。

なお、ExnessではMT5も選択することができますが、MT5では最大2000倍までの適応となるので注意です。

まとめ:Exnessはハイレバレッジを使いたい人にぴったり

Exnessを使う最大のメリットは、ハイレバレッジが使えることでしょう。

一方で、ボーナスやキャンペーンに頼ることができないため、トレードに慣れていない初心者にとってはぶっつけ本番のようになります。

▼Exnessがおすすめの人

  • 少額資金で一攫千金を狙いたい人
  • ハイレバレッジを使いこなせる人
  • トレードコストをおさえたい人
  • ボーナスは頼りにしていない人
  • 証拠金総計1,000ドル未満で始めたい人

今で海外FX業者を使ったことがあり、トレードに関する感覚がある程度備わっているなら、Exnessを使いこなすことはできるでしょう。

Exnessは、FXが初めてではない初心者以上の人たちに向いている海外FX業者です。

まだFXに触れたことがない全くの初心者なら、Gemforexが向いているでしょう。

口座解説ボーナスなど、おトクなキャンペーンを定期的に開催しているため、ハイレバレッジトレードにこだわりがない人なら使いやすいはずです。

Gemforexで感覚を掴んでから、Exnessを使い始めるのも良いでしょう。

ぜひ戦略的にのし上がっていってください。

▼TariTaliを利用して、超お得にトレードする方法はこちら

【トレーダー社長ジュニー監修】動画で学ぶFXトレーダー養成講座

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
TOP
もくじ
閉じる