【悪徳業者!?】Gemforexの出金方法やルールを解説!出金できないときの対処法

Gemforexから出金拒否をされることはあるのでしょうか?

過去に不正があるのなら、大切なお金を預けたいとは思いませんよね。

Gemforexは悪徳業者ではないので、不正な出金拒否をされることはないと考えていて良いです。

過去にも不正があったという記録はありません。

ただし、出金できずに困る人がいないと言えば嘘になります。

出金できない理由は主に、規約やルールを知らずに出金しようとしているからです。

この記事でわかること
・Gemforexの出金方法とルール
・出金時におさえたいポイント
・出金できないときの対処法
・Gemforexが悪徳業者ではない理由

この記事では、Gemforexで取引をする前におさえるべき出金ルールを解説します。

もし今出金方法がわからず困っている方は、ぜひ読み込んで答えを見つけてみてください。

Gemforexについて詳しく知りたい方は以下参照です▼

もくじ

Gemforexの出金方法とは?流れを手順で解説

Gemforexでの出金方法は、いたって簡単です。

  1. マイページで振込先情報を登録する
  2. 出金金額を入力し依頼する
  3. 出金内容確認メールにあるURLをクリック
  4. 出金リクエスト受理メールを確認

それぞれのステップごとにご紹介します。

Gemforexの出金手順①:マイページで振込先情報を登録する

マイページで事前に、振込先の情報を登録する必要があります。

マイページ

個人情報登録

振込(出金)先情報

上記の通り進んだら、後は必要事項を入力するだけです。

※全て半角英数字のローマ字で入力する必要があります。

それぞれ銀行ごとに調べるとすぐに出てくるはずです。

▼三菱UFJ銀行の例

銀行名:MUFG Bank, LTD
支店名:〇〇 Branch

口座番号:ご自身の口座番号
口座名義:名前 苗字
銀行コード:0005
支店コード:支店ごとに異なります
スイフトコード:BOTKJPJT
お客様住所:番地の数字から日本語とは逆の流れで書きます
銀行所在国:Japan

銀行住所:支店の住所を書きます

上記支店名の「Branch」とは「支店」という意味です。

支店:Branch
本店:Head Office
出張所:Sub-Branch
営業部:Main Office
という表記になります。

✔️住所を英語表記する方法
英語表記をする際は、数字の並び順はそのまま先頭に持ってきて、その後は下から順番に書いていきます。
例)東京都千代田区丸の内2-7-1

→2-7-1 Marunouchi Chiyoda-ku,Tokyo

入力が完了したら、「登録確認」ボタンで情報を確認し、完了します。

Gemforexの出金手順②:出金金額を入力し依頼する

「マイページ」から「ご出金」を選択して、出金依頼をしていきます。

出金したい口座を選び、出金したい金額を入力します。

入力したらページ下部までスクロールし、「上記内容にて出金する」を選びましょう。

Gemforexの出金手順③:出金内容確認メールにあるURLをクリック

出金内容が正しいか、確認のメールが届きます。

正しければ、添付されているURLをクリックして出金を確定します。

出金希望額と出金先の口座に間違いがないか確認しましょう。

Gemforexの出金手順④:出金リクエスト受理メールを確認

クリックすると、改めて出金リクエスト受理メールが届きます。

あとは入金されるまで待つだけです。

万が一、1週間待っても入金が確認できない場合には、問い合わせてみましょう。

メールもとても丁寧で、翻訳をしたような崩れた日本語ではないため安心できます。

出金までにかかる日数は?

Gemforexで出金手続きを完了させた後は、2~5営業日で着金することが多いです。

出金依頼から出金処理完了には1日前後かかるので、そこから4日前後で入金確認をするつもりでいると良いでしょう。

指定した口座を確認してみてくださいね。

Gemforexの出金方法とルールを解説!

まずはGemforexの出金方法について、ルールとあわせて解説します。

おさえておきたいのは3点です。

  1. 本人確認書類の承認確認
  2. 出金対応しているのは海外銀行送金だけ
  3. ポジション保有中は出金不可

それぞれ解説していきます。

Gemforexの出金ルール①:本人確認書類の承認確認

Gemforexでの口座開設に必要なのは、氏名とメールアドレスのみです。

ただし、初回出金の際には本人確認書類を提出し、承認されている必要があります。

Gemforex出金時に必要な書類3種類
・身分証明書
・住所証明書
・自己撮影した写真

上記のものを全て写真にとって、マイページからファイルとしてアップロードします。

①身分証明書とは?

運転免許証やパスポートなどの、自分の写真がうつっている身分証明書が必要です。

②住民証明書とは?

水道やガスなどの公共料金証明書など、登録している名前と住所が一緒に記載されているものです。

携帯電話会社やクレジットカード会社の請求書でも問題ありません。

発行から3ヶ月以内のものである必要があります。

健康保険証なら有効期限内のものを提出しましょう。

③自己撮影した写真とは?

提出する身分証明書を持ち、一緒にうつっている自撮り写真が必要です。

証明書の文字がしっかりとみえるように撮影しましょう。

Gemforexの出金ルール②:出金対応しているのは海外銀行送金だけ

Gemforexでは現在、ビットコインでの出金はできません。

さらに、クレジットカードで入金した場合にもクレジットカード出金はできないのは注意してください。

通常はクレジットカード入金をした場合にのみクレジットカード出金も可能なことが多いですが、Gemforexでは対応していません。

Gemforexで出金する際は、海外送金をすることになります。

海外送金に対応している銀行でのみ出金先にできるので、事前に確認しておきましょう。

日本の三大メガバンクや楽天銀行は対応可能です。

ゆうちょ銀行や新生銀行、PayPay銀行などは海外送金できないため出金先に指定できません。

✔️ビットコインでの出金は可能になるかもしれない

Gemforexでは以前まで、bitwalletによるビットコインでの出金も可能でした。

ただし、出金できたのはbitwalletで入金した額までなので、利益分を出金はできません。

いずれにしても、利益が出た場合には銀行送金をする必要があると思っておきましょう。

Gemforexの出金ルール③:ポジション保有中は出金不可

ポジションを保有している間には、出金することができないと覚えておきましょう。

出金手続きができるのは、全てのポジションの決済をしてからです。

さらに、出金依頼を申請すると、アカウントで保有している全ボーナス残高はゼロになるので気をつけてくださいね。

出金元の口座だけではないので、突然ボーナスを取り上げられた!とパニックしないように。

Gemforexで出金拒否があるって本当?出金できない理由

悪徳業者は、利益を出したトレーダーからの出金拒否をすることで、勝ち逃げするのを防ごうとするそうです。

Gemforexはそのような悪徳業者ではなく、不正な出金拒否を行なった事実もないと公表しています。

出金拒否やトラブルがあると発言するユーザーは、規約をしっかり読んでいなかったり、ルールを無視して出金しようとしている可能性が高いです。

ルール違反をしていれば、出金できないのも当然。

FX業者はそれぞれが独自の規約やルールを設定しているので、他の業者では問題ないからと言って規約を確認しないでトレードするのは良くありません。

よく見落されているルール
・取引制限がある
・レバレッジ制限がある
・出金条件を満たしていない

それぞれ解説していきます。

Gemforexのルール①:取引制限がある

Gemforexでは、自動売買(EA利用)・スキャルピング、ノースプレッド口座などの取引制限を設定しています。

EAのロジックによってはカバー先から停止をされること、特にスキャルピングEAに関しては停止措置執行がされる可能性があることは、規約にも記載されています。

また、ノースプレッド口座とはいえ0.0pipsだけを狙った取引は禁止されています。

さらに、5分間などの短期間のうちに10lot以上の連続取引をするときには、必ず事前に知らせる必要があります。

知らせずに取引を行なった場合には、アカウント停止もあり得ると規定されています。

このようなルールは規約に記載されているため、必ず頭に入れてから取引をしてくださいね。

Gemforexのルール②:レバレッジ制限がある

Gemforexの最大レバレッジは1,000倍ですが、口座残高が200万円以上の場合には最大500倍までに制限がかかります。

少額でも大きなロット数でポジションが立てられるのはGemforexの魅力ですが、200万円以上で制限がかかるため、ロスカットのリスクが高まります。

この制限ルールをおさえずにトレードを続けてしまうと、トラブルの原因になってしまいます。

Gemforexのルール③:出金条件を満たしていない

ボーナス額だけ出金しようとしていたり、本人確認書類を提出したばかりで承認されていなかったりと、そもそも出金条件を満たしていない可能性があります。

また、規約を読まずに取引や入金ルールを無視してトレードを始めてしまったトレーダーが、口座凍結になってしまうというケースもあります。

海外FX業者では、規約を英語以外で用意していないことがあります。

多くの日本人にとって、英語で長々とした規約を読むのはハードルが高いでしょう。

ただしGemforexは、日本語の規約も用意してくれています。

例え海外FX初心者でも、綺麗な日本語の規約を読んで始められるためハードルが低いです。

もしわからないことがあっても、Gemforexでは日本人スタッフが対応してくれます。

規約を頭に入れておけば口座凍結や出金拒否などの問題はないですが、どうしても不安なことがあれば日本人スタッフに聞いてみましょう。

Gemforexが詐欺業者というのは嘘?噂の理由

Gemforexは日本の金融庁から警告を受けていることから、危ない詐欺業者ではないかと

疑う人がいるようです。

確かにGemforexは、日本金融へ無登録で金融商品取引を行なっています。

ただし、海外FX業者はほとんどが日本の金融庁への登録をしておらず、珍しいことではありません。

日本の法律では、以下のことが決められています。

・海外FX業者は日本居住者向けに勧誘行為をしてはいけない
・日本居住者も海外FXで取引をしても良い
・海外FX業者が日本語でサイトを経営するのは勧誘行為にあたる

Gemforexなどの海外FX業者が日本語のサイトを保有するときには、必ず「日本国内居住者向けのサイトではありません」と記載されています。

つまり、海外に住む日本語話者のためのサイトである必要があるということです。

当然今ご覧いただいているこのサイトも、海外居住の日本語話者向けに運営しています。

日本の金融庁に登録していないのにはワケがある

日本の金融庁への登録をしていないからこそ、ゼロカットシステムを導入できるという強みに変わっています。

登録している日本のFX業者は、法律上トレーダーを支援するシステムを導入できないため、ゼロカットを扱うことができません。

金融庁の登録FX業者でトレードするときには、常に借金地獄の危険と隣り合わせになります。

ただし、海外FX業者の規約は日本居住者向けに作られていないため、英語のみの表記となり、日本語の取り扱いがないことが多いです。

それに対してGemforexは、海外在住の日本語話者に向けて日本語規約を用意しているため便利です。

Gemforexで出金できないなら理由がある

そもそも、Gemforexほどの大きなFX業者が不正を繰り返していたら、すぐに叩かれ取り押さえられてしまうでしょう。

世界中にユーザーを抱え、世界中の優秀な人たちが目を光らせている中、Gemforexがリスクを犯すメリットがありません。

この記事では、Gemforexで出金する方法や、出金できないときに考えられる理由までご紹介してきました。

わからないことがあれば規約をしっかりと読み返して、口座凍結などをされないようにトレードをしてくださいね。

Gemforexで超お得にトレードする方法は以下参照です▼

【トレーダー社長ジュニー監修】動画で学ぶFXトレーダー養成講座

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
TOP
もくじ
閉じる